Webエンジニアのブログ

エンジニアとして何がモチベートさせるか

日々エンジニアリングをやっていると、どうしても退屈な業務だったり、自己目標に沿わない業務があったりする。そういった時に自分をモチベートしてくれる大きなモノとしては世の役に立っているかどうかという点だと思う。

自分は「今日が人生最後の日だとしたら」という、スティーブ・ジョブズよろしくな考えで日々エンジニアとして生きていて、人生の最後ぐらいは世の役に立って死にたいと考えている。

こういった考えが根底にあると、例えば「売上や利益を上げたい」という原始的欲求ファーストで仕事をするというのは好きになれない。利益が必要なのは、世の役に立つサービスをスケールしていく中で必要になったという流れであって欲しいし、もしそうであればきちんと社員全体に浸透させるべきだと思う。

世の役に立つ、という社会的な欲求がまずファーストでない限り、何か業界に一石を投じるサービスを作るというのは、相当難しいんじゃないかなと、最近考え始めている。

まあもちろん現実としては、「あなたの人生はあと一週間で終わりですよ」と告げられたら、大金をはたいて遊びまくるとかになるんだと思うけど。でも一週間の半分ぐらいは、何か社会に還元してから一生を終えたい。


{ "name": "hareku", "job": "Software Engineer" }